ホームへ借金で苦しんでいるあなたを手助けしたい。もう悩まないで債務整理をして借金解決しましょう。
ようこそ任意整理の道へ
あなたの借金はどのくらいありますか?
借金返済のために借りては返すといった行為を繰り返してませんか?
そのようだと、借金完済はならず、一生借金との付き合いになっていくことでしょう。
法律の力を少し借りて、借金を軽くしたり、借金額をゼロになることも可能です。
もし、今の状況で借金返済に苦しんでいるなら、弁護士に相談して、債務整理を考えてみましょう。

ブラックリストとは

ブラックリストって

ブラックリストとは、信用情報登録といいます。借金返済を滞った場合などに、信用情報へ登録されます。登録されると、新たな借り入れ、クレジットカードなどを作ることが難しくなります。
このブラックリストは、金融機関、消費者金融、信用信販で共有している情報なので、ブラックリストに載ってしまうと、金融機関では新たな借り入れができなくなります。

ブラックリストに載りたくない

ブラックリストに載りたくないから、自己破産したくないという人がいますが、これは誤解です。任意整理を行っても、支払いをストップすることになるので、自動的にブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載ることが、大きなデメリットということはなく、むしろ借金でこの状況になっているので、借り入れができなくなっているので、よい状況ではないかと私は思います。

どーしてブラックリストに載りたくない

どーしてもブラックリストに載りたくないのであれば、借金を全額返済し、10年以内に弁護士へ過払い請求を依頼するという方法。
この場合は、保証人に迷惑をかけることがありません。
しかし、借金返済で苦しんでいるのであれば、完済を考えるより、弁護士に相談したほうがよいでしょう。

他には、受任通知をしないように、まずは自分で取引履歴を取り寄せ、引き直し計算をし、過払いであるかを調べ、弁護士に過払い請求の依頼をしましょう。この場合だと、債務者に対し、過払い請求の返還を求め、速やかに支払いをしないなら、訴訟提起という手順により、ブラックリストに載らなずに済みます。

信販会社の中には、弁護士から受任通知を受け取っただけで、ブラックリストに載せないという会社もあります。弁護士へ依頼し、利息制限法で引き直し金額を和解し、引き続き支払いをしてくれるのなら、ブラックリストに載せないのです。

私の考えでは、ブラックリストに載るということが、それほどデメリットになることはないと思います。むしろメリットと言えるのではないでしょうか?こんなに借金返済で困っているのに、また、借金をするつもりなのか・・・と不安に思います。


弁護士事務所を探す

目的別で探す
QRコード
携帯からもアクセス可能になりました。
外出先からも手軽に当サイトがご覧になれます。
携帯であなたに合う債務整理を見てみましょう。
債務整理の道QRコード
(c) 債務整理の道 Allright Reserved.